お呼ばれした結婚式で身につけるネックレスのマナーと選び方のポイント

お呼ばれした結婚式で身につけるネックレスのマナーと選び方のポイント

女性の首元を彩るネックレス。実は、お呼ばれした結婚式では、マナー違反になるネックレスがあるのをご存知でしょうか?

今回は、ゲストとして出席する結婚式で女性が身につけるネックレスの基本マナーと、ネックレス選びのポイントを解説します。


結婚式に参加する際のネックレスのマナー

はじめに、ネックレスのマナーについて解説します。
お呼ばれした結婚式当日に身につける予定のネックレスが、ここで紹介するものに該当していないかチェックしておきましょう。

・豪華な宝石のネックレスは避ける(昼間の結婚式の場合)
結婚式はおめでたい席であるため、ゲストも「華やかさ」を意識することが大切です。

しかし、キラキラと光る宝石のネックレスは避けるのが結婚式のマナー
その理由は、昼間の結婚式での写真撮影の際に、ストロボや太陽の光に反射してしまうからです。
せっかく撮影した写真が身につけたアクセサリーに反射すると、目立ってしまうだけでなく、周囲の方にも迷惑をかけることになります。

ただし、夜の結婚式では、照明に映える華やかなネックレスを選ぶのは良しとされています。

・白いネックレスは避ける
結婚式当日、白は「花嫁の特権」とされています。
白を基調としたネックレスは、ゲストとして参加する結婚式には、身につけていかないように注意しましょう。

ただし、白でも「パールのネックレス」は結婚式で一般的に用いられているため、問題ありません。

・カジュアル過ぎるデザインのネックレスは避ける
ネックレスも服装と同様、カジュアル過ぎるものは結婚式にはふさわしくありません。
布製のネックレス・紐でできたネックレスなどは避けるようにしましょう
また、大きさの不揃いなパールネックレス(バロックパール)やフェイクパールのネックレスも、カジュアルに見えることがあるため注意が必要です。

・主役より目立ってしまうようなネックレスは避ける
派手すぎるネックレスも、結婚式にはふさわしくありません。
装飾がたくさん付いたものや、長いネックレスは避けましょう。
「華やかさ」とのバランスが難しいところですが、パールのネックレスや装飾が派手でないシルバー製のネックレスを選ぶのがおすすめです。

ゲストで出席する結婚式でのネックレス選びのポイント

次に、実際にネックレスを選ぶ際のポイントを紹介します。
マナーをおさえながら、それぞれのポイントを意識してみましょう。

・宝石は天然石を選ぶ
石のついたネックレスを選ぶ際には、キラキラとしたものは避け、ムーンストーンやラピスラズリ・トルコ石など自然石のものを選ぶこようにします。
自然石の中でも、なるべくシンプルでシックなものを選ぶのがポイントです。

・鎖骨くらいの長さのものを選ぶ
ネックレスは、短いものの方がフォーマルとされています。
ロングネックレスがNGというわけではありませんが、長すぎるネックレスは周囲の目を引くため、短めのものを選んでおくのが無難です。

・全体のバランスを重視する
ネックレスを選ぶ際には、当日のコーディネートをイメージして、バランスを考えることが大切です。
当日着用するドレス・ワンピースを決めてから、小物・アクセサリーを合わせていくのがいいでしょう。


【コーディネートに迷ったらレンタルドレスを活用】

ネックレスをする女性
「結婚式当日に身につけたいネックレスと、着るドレスが合わないかも」と感じた方は、ネットのレンタルドレスショップで、あらかじめコーディネートされたドレスをレンタルする方法もおすすめです。

「ワンピの魔法」では、3泊4日のレンタルで8980円から、コーディネートセット(ブランドドレス・ネックレス・羽織物・バッグ)をレンタルできます。
コーディネートに自信のない方は、レンタルドレスを選択肢にしてみてはいかがでしょうか。

ドレスコーディネートの参考書

2018年10月発売の、コーディネートの基本を一冊にまとめた本。ドレス定番の5つの色を中心に、ドレスと羽織、バッグ等の組み合わせを豊富な写真で分かりやすく解説。

また年齢ごとのおすすめコーデも紹介。ネットの情報を見ただけではよくわからない方には、本がおすすめ。初心者の方にぜひ読んでほしい、コーディネート本です。税抜き500円。

【Amazon.co.jp 限定】結婚式に呼ばれたら何を着て行く?ドレスコーディネートBOOK ()

【Amazon.co.jp 限定】結婚式に呼ばれたら何を着て行く?ドレスコーディネートBOOK ()
posted with amazlet at 18.10.26
藤原 聖蘭
(株)リダンダンシー (2018-10-22)
売り上げランキング: 306,138