レディースブラックフォーマルの基本 選び方のポイントは?

レディースブラックフォーマルの基本 選び方のポイントは?

急な慶弔事が決まり、準備を進める中で「持っていたブラックフォーマルスーツのサイズが合わない」「デザインが古くさい」などの理由で、新しいものを用意せざるを得なくなる方も少なくありません。

あまり頻繁には利用しないブラックフォーマルスーツ選びは、意外と難しく感じるものです。
そこで本記事では、「そもそもブラックフォーマルとは何か」「どのようなシーンで着るものなのか」を解説した上で、最適なブラックフォーマルの選び方を紹介します。


ブラックフォーマルとは 「喪服=ブラックフォーマル」ではない?

冠婚葬祭用の装いを「礼服」と表現しますが、その中でも黒をベースとしたものを「ブラックフォーマル」と表現します。
そのため、必ずしもブラックフォーマル=喪服ではないことを覚えておきましょう

【慶事】
結婚式/入学式/式典など

【弔事】
お通夜/告別式/お別れセレモニーなど

このように、ブラックフォーマルを着るシーンは大きく「慶事」「弔事」に分かれます。
男性は、慶事でも弔事でも黒いスーツを着用することが多いためその違いはあまりありませんが、女性の場合は慶事用・弔事用の服装が分かれているのが一般的です。
「慶事に弔事用の服を着ていく」「弔事に慶事用の服を着ていく」のはマナー違反になるため、十分注意しましょう

女性の場合、どちらの行事でもブラックフォーマルスーツを着用しますが、その選び方は大きく異なります。
種類にもよりますが、慶事と弔事とでは別の服装を用意しておくのがいいでしょう

【ブラックフォーマルの選び方】

ここでは実際にブラックフォーマルスーツを選ぶ際のポイントを、慶事・弔事ごとに紹介します。
各ポイントをおさえ、参加する行事に合わせた最適な服装を意識しましょう。

【慶事の場合】
・華やかさを意識する
・サテン/シフォン生地のものがおすすめ
・刺繍があるものなどデザイン性が高いもの

慶事でブラックフォーマルを着用する場合には、「喪服」を連想させないことが最大のポイントです。
そのため、ボレロやジャッケットなどの羽織物を明るい色にするなど、全体で「黒一色」になりすぎないように意識しましょう。

ただし、慶事の代表例である結婚式に参加する場合には、女性はブラックフォーマル以外のワンピースを着用するのが一般的です。
参加する行事の種類に応じて「ブラックフォーマル」にとらわれず、明るく華やかなドレスを選ぶのもいいでしょう。

【参考】結婚式の披露宴に出席する場合の服装選び

【弔事の場合】
・肌の露出が少ないもの
・黒無地(光沢がないもの)
・スカート丈は膝下
・小物はシンプルなデザインのもの

一方、弔事で着用するブラックフォーマルは、派手なものを避けシンプルな黒生地を選ぶのがマナーです。
肌の露出が少ないもの、スカートは膝下のものを選びます。
先ほどとは反対に、「慶事用に見えないこと」がポイントです。


【ブラックフォーマルもレンタルがおすすめ】

ブラックフォーマルスーツの女性

ここまでブラックフォーマルの基礎と選び方を紹介してきましたが、「それでも自分で選ぶのは難しい」と感じる方もいるでしょう。
また、「機会の少ない行事のためだけに新しいものを購入するのは気が引ける」という方もいるかもしれません。

そのような場合には、ブラックフォーマルをレンタルするのもおすすめです。
ネットのレンタルショップでは、手間と費用をかけずにブランドのブラックフォーマルをレンタルすることができます。
「このような行事で利用しました」などの口コミを参考にしながら、服装選びができるのもメリットです。

「ワンピの魔法」でも、ブラックフォーマルスーツのレンタルを取り扱っています。
また、アドバイステレフォンでは、取り扱う商品の中からシーン・体型に合った最適な服装をご提案させていただきます。
お気軽にお問い合わせください。

ドレスコーディネートの参考書

2018年10月発売の、コーディネートの基本を一冊にまとめた本。ドレス定番の5つの色を中心に、ドレスと羽織、バッグ等の組み合わせを豊富な写真で分かりやすく解説。

また年齢ごとのおすすめコーデも紹介。ネットの情報を見ただけではよくわからない方には、本がおすすめ。初心者の方にぜひ読んでほしい、コーディネート本です。税抜き500円。

posted with at 18.10.26
藤原 聖蘭
(株)リダンダンシー (2018-10-22)
売り上げランキング: 306,138