結婚式にお呼ばれされた女性が覚えておきたいマナーとバッグ選びのポイント

結婚式のアクセサリー

結婚式に招待されて服装を考える際、意外と見落としがちなのが「バッグ」です。

すでにバッグを持っている方でも、「今回着て行く予定のドレスと合わない」ということもあるでしょう。
また、押入れの中にしまっている期間が長いと、バッグの形が崩れてしまっていたりカビが生えていたりと、当日使用できない状態になっていることも考えられます。

結婚式で多くの人の目に触れるバッグは、ドレス・ワンピースと同様にマナーをおさえて、最適なものを選ぶことが大切です。
そこで今回は、結婚式に招待された女性が覚えておきたいマナーとバッグ選びのポイントついて解説します。


【結婚式でのバッグのマナー】

・大きすぎるサイズのものは避ける
結婚式当日は、出席する側も荷物が多くなってしまいがちです。
すべてを一つのバッグに収めようとすると、大きめのバッグを用意しなくてはなりませんが、大きすぎるバッグはフォーマルな場にはふさわしくありません。

また、披露宴では着席して食事をするケースが多いため、椅子の背もたれとの間にバッグを置くことになります。
そのような点からも、選ぶバッグは小さめのものがいいでしょう。

・サブバッグにも注意
どうしても必要なものが小さいバッグに収まりきらない場合には、「サブバッグ」を使用します。
当日はサブバッグをクロークなどに預けることになるため、式中に必要となるものは携帯するバッグに移しておきましょう。

「サブバッグはクロークに預けるから」と、紙袋などを使用するのはNGです。
会場内では、新郎新婦の親族と会うことになるため、気を抜かずにサブバッグにも気を配りましょう
サブバッグには、シンプルな色・デザインのトートタイプがおすすめです。

・カジュアルなものやビニール素材は避ける
携帯するバッグ・サブバッグともに、カジュアルなデザインのもの・布製のもの・ビニール素材のものは避けるようにしましょう
また、ドレスや羽織物と同様に革やファー素材が使われているものは、結婚式の場にはふさわしくないとされています。

【結婚式に出席する際のバッグ選びのポイント】

・ドレス/ワンピースなどとの統一感を意識する
バッグ選びの最大のポイントは、着ているドレスや履いている靴と統一感を持たせることです。
必ずしも「同じ色」である必要はありませんが、素材感を合わせると統一感を出しやすいでしょう。

・華やかさを意識する
おめでたい席である結婚式の場では、華やかさをバッグに取り入れるのもポイントです。
ラメやスパンコールなどを使用したバッグなら、持っているだけで華やかさを演出することができます。
ただし、結婚式の主役はあくまでも新郎新婦です。
自分に注目を集めてしまうような、目立つバッグは避けましょう。

・必要なものが入るサイズを選ぶ
化粧品やスマートフォン・ヘアピン・予備のストッキングなど、式中に必要なものをリストアップしておき、それらが収まるサイズのバッグを選ぶようにしましょう。

【参考】結婚式にお呼ばれされたら何を用意すればいい?女性の持ち物チェックリスト

ただし、すべてを入れようとするとバッグがパンパンになってしまうので、持ち運ぶ荷物は最低限のものにとどめ、カバンも余裕のあるサイズを選びましょう


【持っているバッグと服装が合わないと感じたら】

結婚式用バッグ
もし、「持っているバッグが使えない状態になっていた」「バッグとワンピース・ドレスに統一感がなく合わない」という場合には、ネットのレンタルドレスショップで必要なものをレンタルするもの一つの手段です

ネットのレンタルドレスショップでは、バッグのみのレンタルはもちろん、バッグ・ドレスを含めたトータルコーディネートを、購入するよりもずっと安い価格でレンタルすることができます。

ワンピの魔法でも結婚式に最適なバッグのレンタルと、バッグがセットになった「コーディネートセット」を用意しています。
結婚式の服装に迷ったら、お気軽にご相談ください。

ドレスコーディネートの参考書

2018年10月発売の、コーディネートの基本を一冊にまとめた本。ドレス定番の5つの色を中心に、ドレスと羽織、バッグ等の組み合わせを豊富な写真で分かりやすく解説。

また年齢ごとのおすすめコーデも紹介。ネットの情報を見ただけではよくわからない方には、本がおすすめ。初心者の方にぜひ読んでほしい、コーディネート本です。税抜き500円。

posted with at 18.10.26
藤原 聖蘭
(株)リダンダンシー (2018-10-22)
売り上げランキング: 306,138