卒業式の服装選び 迷ったら定番スタイルがおすすめ

桜の樹の下の母と子

子供の教育課程の修了を祝う卒業式。
これから、お子さんの卒業式を控えているお母さんも多いでしょう。

卒業式は「式典」であるため、「控えめでありながら華やかな服装」が求められます。
しかし、頻繁にあるわけではない卒業式などの行事は、どのような服装で臨むべきか誰しも迷ってしまうものです。

そこで今回は、卒業式に出席するお母さんの服装選びについて、基本的な部分を紹介します。


【卒業式は「式典」卒業式の服装を選ぶ前に】

卒業式は、教育課程の修了をお祝いする「式典」です。
お世話になった先生方に感謝を伝える場でもあります。

そのため、保護者は「礼服」「正装」などのきちんとした服装で臨むことが必要です
母親の服装としては、フォーマルスーツ(レディーススーツ)を選ぶのが一般的です。

卒業式の服装でまず意識すべきことは、主役は子供たちという点です。
保護者は「子供よりも目立たない服装」を意識しましょう
また、学校や周囲の保護者たちから「このような服装で」と指定がある場合には、それに従います。

冒頭で紹介したように、卒業式で意識するべきなのは「控えめでありながら華やかな服装」です。
難しい部分ではありますが、フォーマルスーツはシンプルなものを選び、小物で華やかさを演出するのがおすすめです。

【初めての卒業式 迷ったら定番スタイルを選ぼう】

初めての卒業式で服装に迷っている場合には、以下のポイントを踏まえながら、フォーマルスーツ(レディーススーツ)の定番をおさえた上で、その種類や色・装飾を選んでいきましょう。

・ワンピーススタイルorパンツスタイル
中にはパンツスタイルを選ぶお母さんもいますが、式典などでの女性の正装は、ワンピーススタイルです。
また、パンツスタイルの着こなしに慣れていない方も、ワンピーススタイルを選ぶ方が良いでしょう。

・色
卒業式などの式典でのレディーススーツの色は、黒や紺・グレーが定番です。
これらの色でなくてはいけないというわけではありませんが、他の保護者の方たちから浮いてしまわないよう、派手すぎる色は避けましょう。

また、黒のスーツを選ぶ際には、喪服を連想させる「黒一色」にならないよう、コサージュなどで華やかな色を取り入れるのがポイントです。

・装飾品で華やかさを演出
シンプルなスーツに少しだけ華やかさを取り入れると、セレモニースーツのコーディネートがぐっとおしゃれになります。

特に卒業式などの式典には、コサージュがよく合います。コサージュは、左側の鎖骨あたり(高い位置)につけるのがおすすめです。
パールのネックレスやイヤリングも、卒業式に華を添えます。

・防寒対策
卒業式は春に行われますが、まだまだ寒い季節です。
インナーは暖かいものを選び、着脱しやすいトレンチコートを用意しておきます。

ただし、厚手のタイツは足元に「重たい」印象を与えてしまうため避けましょう。
タイツ・ストッキングの色は、黒を避け、ナチュラルなベージュなどを選部のがポイントです。


【卒業式のセレモニースーツもレンタルがおすすめ】

卒業証書と桜
ネットのレンタルドレスショップ「ワンピの魔法」では、セレモニースーツのレンタルも取り扱っています。
電話・メールでのコーディネート相談も行っているので、卒業式での服装に迷ったら気軽に頼ってみるのもいいでしょう。

人気ブランドのコーディネートセット(セットアップ)が用意されており、コーディネートに自信がない方も安心です。
購入するよりも安い価格で、ブランドスーツを借りられるレンタルスーツを、賢く活用してみましょう。

ドレスコーディネートの参考書

2018年10月発売の、コーディネートの基本を一冊にまとめた本。ドレス定番の5つの色を中心に、ドレスと羽織、バッグ等の組み合わせを豊富な写真で分かりやすく解説。

また年齢ごとのおすすめコーデも紹介。ネットの情報を見ただけではよくわからない方には、本がおすすめ。初心者の方にぜひ読んでほしい、コーディネート本です。税抜き500円。

【Amazon.co.jp 限定】結婚式に呼ばれたら何を着て行く?ドレスコーディネートBOOK ()

【Amazon.co.jp 限定】結婚式に呼ばれたら何を着て行く?ドレスコーディネートBOOK ()
posted with amazlet at 18.10.26
藤原 聖蘭
(株)リダンダンシー (2018-10-22)
売り上げランキング: 306,138