オケージョンとは?最適なワンピース・ドレスの選び方

オケージョンとは?最適なワンピース・ドレスの選び方

皆さんは「オケージョン」という言葉を聞いたことがありますか?

わかるようでわからないオケージョンという言葉は、知らないままでいると大事な場面で恥をかくことになってしまうかもしれません。

そこで今回は、オケージョンの言葉の意味や具体例、使い方を解説した上で、オケージョンに最適な服装について紹介します。


【オケージョンとは?オケージョンの具体例と使い方】

オケージョンとは英語の「occasion」のことで、「特別な出来事」「行事」「祭典」「儀式」「機会」などの意味で用いられます。

「TPOをわきまえる」という言葉は有名ですが、そのTはTime・PはPlace・OがOccasionです。
日本では、オケージョンが英語の「scene(シーン)」に近い形で使われることもあります。

結婚式や入学式、パーティーや式典など、日常的にはあまりない特別な行事がオケージョンに該当します。

オケージョンという言葉は、「オケージョン用にドレスを購入した」「オケージョンに最適」といった具合に用います。

【覚えておきたいオケージョンの3種類】

実はオケージョンは、その場面によって3つの種類に分類されます。
それぞれの違いを理解しておくことが、最適な服装選びには欠かせません。

1.ソーシャルオケージョン
Social occasion(ソーシャルオケージョン)は社会的な行事を意味し、結婚式・お葬式など、礼節が求められる行事を指します。

後述しますが、ソーシャルオケージョンは、もっとも格式のある行事を指すことが多く、服装は正装・準正装が最適と言われます。

2.オフィシャルオケージョン
Official occasion(オフィシャルオケージョン)は、仕事の制服・社会人のスーツ・学生であれば制服を着る機会を指します。

置かれている立場や、就いている仕事は人によりさまざまです。それぞれが置かれた立場・仕事を意識すべき場面を、オフィシャルオケージョンと呼びます。普段の生活に、密接に関係しているオケージョンとも言えるでしょう。

3.プライベートオケージョン
Private occasion(プライベートオケージョン)は、他のオケージョンに比べるとラフなイメージです。

例えば、ホームパーティーなど、個人的に参加する行事などはプライベートオケージョンにあたり、自分が過ごしやすい服装をすれば良いというのが一般的です。

もちろん、場所や時間などを考慮する必要はありますが「プライベートオケージョンで」と言われた場合には、カジュアルな服装で問題ないでしょう。


【ソーシャルオケージョンに最適な服装は?】

おしゃれなドレス達
先述した通り、ソーシャルオケージョンは冠婚葬祭など、格式の高い行事のことを指します。

そのため、女性の場合にはアフタヌーンドレス・ワンピーススタイルなどの「正装」、セミアフタヌーンドレス・カクテルドレスなどの「準正装」と言われる服装が最適です。

ただし、オケージョンだけでなくTPOのT・Pの部分も併せて意識することも必要です。
行事の時間・場所などを考慮しつつ、オケージョンに合った服装を選びましょう。

また、正装と言っても(お葬式でドレスや、結婚式に喪服が不適なように)それぞれのオケージョンで選ぶべき服装は異なります。
女性も出席する機会の多い結婚式での正装について詳しく知りたい方は、以下のページも参考にしてください。

【参考】結婚式にお呼ばれされたら 覚えておきたい女性の「正装」

オケージョンのセットアップ/コーディネートにお困りの方は、ネットのレンタルドレスショップを活用してみましょう。
ワンピの魔法では、電話・メールでのコーディネート相談を承っています。
無料で、オケージョン・シーンに最適な服装をご提案させていただきます

また、あらかじめプロが選んだ「コーディネートセット」も豊富に用意。
コーディネートに自信がない方は、併せてチェックしてみてください。

ドレスコーディネートの参考書

2018年10月発売の、コーディネートの基本を一冊にまとめた本。ドレス定番の5つの色を中心に、ドレスと羽織、バッグ等の組み合わせを豊富な写真で分かりやすく解説。

また年齢ごとのおすすめコーデも紹介。ネットの情報を見ただけではよくわからない方には、本がおすすめ。初心者の方にぜひ読んでほしい、コーディネート本です。税抜き500円。

posted with at 18.10.26
藤原 聖蘭
(株)リダンダンシー (2018-10-22)
売り上げランキング: 306,138