ご祝儀の相場はどれくらい?節約しながら結婚式でおしゃれを楽しむ方法

ご祝儀袋とふくさと3万円

結婚式は、新郎新婦にとって一生に一度のおめでたい日。結婚式に出席し、二人の門出を祝う場合には「ご祝儀」を用意する必要があります。

しかし、女性がお呼ばれされた結婚式に参加する場合、ご祝儀以外にもさまざまな費用がかかるもの。
「二人をお祝いしたい気持ちはあるけど、なんとか費用を節約できないかな」と考える方も少なくないでしょう。

結論を先に言えば、ご祝儀の金額は相場を把握した上で適切な金額を用意し、それ以外(服装など)の費用を節約するのが賢い方法です。

今回は、結婚式のご祝儀相場を立場・年齢別で紹介しながら、ご祝儀にまつわるマナーと、おしゃれを楽しみながらも費用を節約する方法を紹介します。


【そもそもご祝儀とは?】

披露宴に出席するドレスの女性

ご祝儀とは、人生の節目となる慶事に贈る金品のことです。
引っ越し祝いや就職祝いなどもご祝儀に分類されますが、多くの方がイメージするのは「結婚式でのご祝儀」ではないでしょうか。

結婚式のご祝儀には、二人をお祝いする気持ちを伝える(祝意の)意味合いがあります。

江戸時代にはご祝儀として「手拭い」を渡していたとの説もありますが、現代では現金を渡すのが一般的です。

【結婚式のご祝儀は年齢・立場から決める】

一般的に結婚式のご祝儀の相場は、「3万円」と言われます。
しかし本来は、自分の年齢や、結婚する方との関係性を考慮して金額を決めるのが正しい方法です。
まずは、自分の年齢を軸にしたご祝儀の相場を確認しましょう。

・20代
自身が20代の場合には、3〜5万円がご祝儀の相場です。
ほとんどの場合、3万円で問題ありませんが、20代後半で親族(特に年下の兄弟・姉妹)が結婚をする場合には、5万円を用意する方もいるようです。

・30代
30代でも3〜5万円の相場は変わりませんが、職場の部下や後輩などの結婚式に参加する場合には、5万円のご祝儀を用意する方もいるようです。

・40代
40代になると、ご祝儀の相場が上がります。
最低金額は3万円と変わりありませんが、友人・知人の結婚式でも5万円以上のご祝儀を用意する方が増えてきます。
また、親族の結婚式の場合には最低でも5万円、多くて10万円のご祝儀を用意する方もいるようです。

・友人、知人、会社関係
年齢に加えて、新郎新婦との関係性も考慮しましょう
例えば、新郎新婦が「友人・知人」「会社・仕事関係」の場合には3万円を用意する方が多いですが、特にお世話になった方や自身の年齢が上の場合には、5万円以上のご祝儀を用意する方もいます。

・親族
ご祝儀の相場が一番高くなるのは、親族です
自分との関係が近ければ近いほどご祝儀の相場は上がり、兄弟姉妹の場合には最低でも5万円以上のご祝儀を用意するのが一般的です。

なお、「会費制」の結婚パーティーの場合には、ご祝儀は渡さないのが一般的です。

【ご祝儀にまつわるマナー】

披露宴のブーケ

・あまりにも低い金額・高い金額は避ける
ご祝儀の金額は、低すぎても高すぎてもマナー違反と言われます。

一緒に結婚式に参加する友人よりも低い金額にしてしまうと、新郎新婦に「あまり祝福されていないのかな?」と誤解を与えかねません。
前項で紹介したご祝儀の相場を参考にしつつも、事前に一緒に出席する友人・知人に相談して、金額を周囲に合わせることも重要です。

一方、ご祝儀の金額が高すぎると、新郎新婦が恐縮してしまったり「お礼の品を用意しなくてはいけないかな」と考えたりと、気を使わせてしまいます。

難しい部分ではありますが、ご祝儀相場を参考にしつつ低すぎずかつ高すぎない適切な金額を用意するようにしましょう。

・金額に合ったご祝儀袋を用意する
「ご祝儀の金額が少ないから、せめてご祝儀袋は立派なものに」と考える方も中にはいるかもしれません。

しかし、ご祝儀袋は包む金額に合ったものを選ぶのがマナーとされています。
3万円〜5万円のご祝儀を包む予定であれば、1,000円以内のデザインがシンプルなご祝儀袋を選ぶといいでしょう。

また、ご祝儀袋は必ず「結び切りの水引」のものを選びます
蝶結びの水引は「何度も結び直せる」ことから、結婚式には不適切です。
ご祝儀袋の結び方

・新札を用意する
ご祝儀には、できる限り新札を使用しましょう。
新札には「二人の門出を祝う」意味と「結婚式を楽しみにしていた」という意味があります。

会場となるホテルや式場で新札と交換してくれることもありますが、直前(結婚式当日)に用意するのはできれば避けたいところ。
事前に銀行に行き、ご祝儀用に新札に変えてもらいましょう

・割り切れる数字は避ける(奇数にする)
「ご祝儀の金額は奇数が良い」という話を聞いたことがある方も多いはずです。

偶数が良くないとされるのは、「(二人の仲、関係が)割れてしまう」ことに由来します。
最近ではあまり気にしないカップルも増えているようですが、ご祝儀の金額は3万円・5万円などの奇数にしておくのが無難です。

ただし、8は「末広がり」の数字とされているため、8万円のご祝儀は問題ないとされています。

【お呼ばれされた結婚式でその他にかかる費用】

・ヘアセット、ネイル
女性の場合、結婚式当日にヘアセットを美容院で行う方が大半です。
自分で行えば節約できる部分ですが、華やかな雰囲気を存分に楽しむために「プロにお願いしたい」という方も多いでしょう。

女性がヘアセットにかける費用は、3,000円から5,000円ほどが相場のようです。
自宅、もしくは会場に近いサロンを早めに予約しておきましょう。

ネイルも自分で行えば節約できる部分ですが、一般的にはヘアセット同様に3,000〜5,000円ほどの費用をかける方が多いようです。

・ドレス、アクセサリー
百貨店などで新品のドレスを購入する場合の相場は、3〜5万円と言われます。
それに加えて、そのドレスに合うバッグや靴、アクセサリーや羽織物をフルコーディネートで購入する場合には、さらに費用がかかることになります。

「前に買ったドレスがあるから大丈夫」という方も、要注意です。
サイズが合わなくなっていたり、シミやほつれがあったり、デザインが会場に合わなかったりといったことも考えられます。
一度、ドレスを取り出して確認しておきましょう。

後ほど紹介しますが、この部分が一番節約しやすいポイントでもあります。

・交通費、宿泊費
結婚式が遠方で行われる場合には、交通費や宿泊費を準備しておく必要があります。

「宿や移動手段が予約できず、結婚式に参加できない」という事態を防ぐためにも、出席の連絡をする際に併せて、新幹線や飛行機・宿泊先の予約を済ませておくと良いでしょう。


【一番節約できるのはドレス代】

結婚式に出席するドレスの女の子達

ここまで紹介してきたように、お呼ばれした結婚式に出席するためには、さまざまな費用がかかります。

先ほど、招待された結婚式で大きく節約できるのは「ドレス代」と紹介しました。
最近では手頃な価格のドレスも増えてきていますが、「周りの人に比べて安っぽく見えないかな」と、品質の面で不安を抱く方が多いのも事実です。

そこで選択肢になるのが、「レンタルドレス」を活用する方法。

ネットのレンタルドレスショップには、高品質なブランドドレスが多数用意されており、購入するよりもずっと安い価格で、おしゃれなドレスを借りることができます。

ドレスを新品で購入するよりも、3分の1以上費用を抑えられることも多いため、大きな節約効果が期待できます

まずは、ネットのレンタルドレスショップの商品を見て「自身の気に入るデザインのドレスがないか」「費用はどれくらいか」をチェックしてみてはいかがでしょうか。

ドレスコーディネートの参考書

2018年10月発売の、コーディネートの基本を一冊にまとめた本。ドレス定番の5つの色を中心に、ドレスと羽織、バッグ等の組み合わせを豊富な写真で分かりやすく解説。

また年齢ごとのおすすめコーデも紹介。ネットの情報を見ただけではよくわからない方には、本がおすすめ。初心者の方にぜひ読んでほしい、コーディネート本です。税抜き500円。

posted with at 18.10.26
藤原 聖蘭
(株)リダンダンシー (2018-10-22)
売り上げランキング: 306,138