結婚式の二次会に招待されたら 覚えておきたいマナーとドレス選びのポイントを紹介

二次会の風景

「結婚式・披露宴は親族だけで」という場合、友人・知人は二次会から参加というケースも少なくありません。
また、最近では結婚式を挙げずに、親しい人だけを招待するパーティーを行うカップルも増えています。

二次会や結婚パーティーに参加する場合、「結婚式とは違うマナーがあるの?」「服装はどうしたらいいだろう」と、頭を悩ませる女性も多いでしょう。
そこで今回は、二次会に招待された際に覚えておきたい最低限のマナーと、服装選びのポイントについて紹介します。


【二次会に招待されたら必ずチェック】

二次会は、披露宴に比べると形式張ったものではありませんが、出席する際には最低限のマナーを抑えておくことが大切です。

・出欠の連絡
二次会へのお誘いを受けたら、なるべく早めに出欠の連絡をするようにしましょう。
やむをえず欠席する場合には、必ず理由を添えるようにします。
また、欠席する際には、結婚祝いのプレゼントを贈るのもおすすめです。

はがきの招待状を返信する場合には、「御出席」「御芳名」などの「御」の字を二重線で消すことを忘れないようにしましょう。

・会費について
二次会は多くの場合、会費制です。
披露宴から参加している場合でも、会費は別に用意する必要があります。

二次会のみに参加する場合には、ご祝儀を別に用意する必要はありません。
必須ではありませんが、会費とは別に結婚祝いのプレゼントを用意しておくと喜ばれるでしょう。

二次会当日には、受付で会費を支払います。
その際、新札を用意したり、会費をご祝儀袋に入れたりする必要はありません。
お釣りがでないように会費を用意しておくと、より丁寧です。

・二次会の服装選び
二次会の服装選びのポイントは、ドレスコードや会場の雰囲気を事前にチェックしておくことです。
二次会は披露宴よりもカジュアルな雰囲気であることが多いものの、会場によってはカジュアルすぎる服装がふさわしくないことがあります。

招待状に「平服でお越しください」と記載があった場合でも、セミフォーマルのドレスを用意するのが良いでしょう。
ドレスの色は明るいもの(白以外)を、靴はヒールやパンプスを選ぶようにします。


【二次会の服装選びに迷ったら】

ワインを飲む女性

「自分の持っている服装では、会場に合わないかも」という場合、新たにドレスを用意しなくてはなりません。
しかし、二次会のためだけにドレスを購入するのをためらう方もいるでしょう。

そのような場合には、ドレスを利用したい日だけ借りることができるレンタルドレスを活用するのがおすすめです。
ネットのレンタルドレスでは、費用を抑えておしゃれなドレスを借りることができます。
「結婚式が続いているから出費を抑えたい」という方にもおすすめです。

一部のネットのレンタルドレスショップでは、服装に関する相談が可能です。
二次会の服装選びに迷ったら、コーディネートについての相談をしながら会場に合った最適なドレスをレンタルしてみてはいかがでしょうか。

ドレスコーディネートの参考書

2018年10月発売の、コーディネートの基本を一冊にまとめた本。ドレス定番の5つの色を中心に、ドレスと羽織、バッグ等の組み合わせを豊富な写真で分かりやすく解説。

また年齢ごとのおすすめコーデも紹介。ネットの情報を見ただけではよくわからない方には、本がおすすめ。初心者の方にぜひ読んでほしい、コーディネート本です。税抜き500円。

【Amazon.co.jp 限定】結婚式に呼ばれたら何を着て行く?ドレスコーディネートBOOK ()

【Amazon.co.jp 限定】結婚式に呼ばれたら何を着て行く?ドレスコーディネートBOOK ()
posted with amazlet at 18.10.26
藤原 聖蘭
(株)リダンダンシー (2018-10-22)
売り上げランキング: 306,138