【親族の結婚式】40代女性は和服とドレスどちらを選ぶべき?

親族の結婚式|40代女性は和服とドレスどちらを選ぶべき?

40代になると、親族の結婚式に参加する機会も増えるものです。
甥っ子や姪っ子の結婚式に招待されたものの、「どんな服装を選べばいいのだろう?」と悩む方も少なくありません。

そこで今回は、親族の結婚式に招待された40代女性の服装選びのポイントを紹介します。


【親族の結婚式に参加する40代の服装 和服?ドレスでもいい?】

「親族の結婚式なら和装かな?」と疑問に感じている方もいるでしょう。

結論を先に言えば、親族の結婚式であっても「和装でなくてはならない」という決まりはありません。

実際に、洋装(ドレス)で参列される方も多くいらっしゃいます。
ただし、親族間で服装を統一するなど、約束事がある場合にはそちらを優先させましょう。

着物は着付けに時間がかかることに加えて、服装におけるマナーが多く複雑です。
着物を着慣れていない方は、洋装(ドレス)を選んでみてはいかがでしょうか。


【40代のドレス選びのポイント】

ここからは、40代女性が親族の結婚式に参加する場合、具体的にどのようなドレス選ぶべきかを紹介していきます。
「肌の露出が多すぎないもの」など、結婚式における基本マナーをおさえながらも、ここで紹介するポイントを参考にドレス選びをしてみてください。

・親族であることを意識する
まず、結婚式における親族は「招待される側」ではなく「招待する側(ホスト)」であることを意識しましょう。
親族だけの記念撮影や、相手側の親族が挨拶に来ることも考えられます。

そのため40代女性が親族として結婚式に参加する場合には、地味すぎる必要はありませんが、フォーマルな服装を選ぶのが最大のポイントです。
ドレスの色は、黒や上品さのあるネイビーなどを選ぶと良いでしょう。

・落ち着いた雰囲気のドレスを選ぶ
甥っ子・姪っ子の結婚式であれば、自分の方が年上のケースがほとんどです。
そのため、「華やかさ」よりも「大人っぽさ」や「落ち着き」のあるドレス選びを意識します。
膝上丈のドレスや個性の強いドレスは避けた方が良いでしょう。

生地は、上質な光沢があるものがおすすめです。
また、小物や羽織物との組み合わせも、派手になりすぎないように注意します。
黒やネイビーのドレスには、ベージュの羽織物が合わせやすく、落ち着いた印象を与えます。


【迷ったらレンタルドレスショップへ相談】

結婚式ブーケ
ドレスをお店で購入すると、3万〜5万円ほどかかることがあります。親族であれば、ご祝儀の金額も増えるため、なるべくドレスへの出費は抑えたいところ。

そこでおすすめしたいのが、ネットのレンタルドレス。
ドレスを購入するよりも安く、簡単に本格的なドレスを借りることができます。

電話やメールで服装に関する相談を受け付けているネットのレンタルドレスショップもあるため、「自分ではなかなか適切なドレスが選べない」という方は、まず相談をしてみてはいかがでしょうか。

ドレスコーディネートの参考書

2018年10月発売の、コーディネートの基本を一冊にまとめた本。ドレス定番の5つの色を中心に、ドレスと羽織、バッグ等の組み合わせを豊富な写真で分かりやすく解説。

また年齢ごとのおすすめコーデも紹介。ネットの情報を見ただけではよくわからない方には、本がおすすめ。初心者の方にぜひ読んでほしい、コーディネート本です。税抜き500円。

posted with at 18.10.26
藤原 聖蘭
(株)リダンダンシー (2018-10-22)
売り上げランキング: 306,138