レンタルドレスの返却方法 クリーニングは必要?

パソコンで調べる女性

「レンタルドレスを利用してみたいけど、返却はどうすればいいんだろう?面倒なのかな?」と疑問に感じている方もいるかもしれません。
結論から言えば、レンタルドレスの返却方法はとても簡単で、クリーニングも不要なケースがほとんどです。

今回は、これからレンタルドレスを利用してみたいと考えている方のために、レンタルドレスの返却方法と覚えておきたい返却時のポイントを紹介します。
本記事を参考に不安な点を解消し、レンタルドレスで気軽におしゃれを楽しみましょう。


【レンタルドレスの返却方法】

1.使用後は適切に保管する
レンタルドレスで素敵な1日を過ごしたら、着用したドレスはハンガーなどに掛け保管します。
傷や汚れをつけないように、ドレスを大切に扱うのがポイントです。
その他に保管に関する注意事項がある場合には、それに従いましょう。

2.梱包し伝票を作成する
ネットのレンタルドレスショップの多くは、送られてきたダンボールにドレスを入れ梱包し、返送することが可能です。
送られてきた箱は、捨てずに保管しておきます。

次に、ドレスに同封されていた着払いの伝票を使い、氏名や指定された住所を記載します。
(送付先は、すでに記載されている場合もあります)お届け希望日時は「最短」にしましょう。

【注意点】
中には、着払いの伝票に対応していないショップもあります。
返送時に送料が別途必要なのかどうか、レンタルドレスの申し込み時に必ず確認しておくことが大切です。

3.発送の手続きをする
レンタルドレスは、ショップ指定の宅配業者の営業所または対応しているコンビニへ持ち込み返却を行います。
発送の手続きが終われば、レンタルドレスの返却は完了です。

【注意点】
配送に時間がかかってしまう一部の地域からは、返却できないケースがあります。
地方での結婚式に参加するなど返却場所が遠方の場合には、返却可能なエリアをあらかじめ確認しておくことも大切です。


【レンタルドレス返却時のポイント 気持ちよく利用するために】

結婚式の花嫁ドレス
1.返却期限を守る
レンタルドレスの返却が遅れると延滞金が発生することに加え、次にドレスを予約している方にも迷惑がかかってしまいます。
気持ちよくレンタルドレスを利用するためにも、期限内に返却するようにしましょう。

レンタルドレスショップにより、いつまでに返却をすればいいのかが異なります。
返却期限は「発送を行った日」なのか「ショップに到着した日」なのかルールをチェックしておくことがポイントです。

2.汚れなどがある場合には連絡を
レンタルしたドレスを汚してしまったり、破損させてしまった場合にはレンタルドレスショップに連絡を入れておきます。

通常の使用でできてしまった、目立たないシミ程度(通常のクリーニングで落ちる場合など)であれば、追加の料金がかかることはありません。

3.必ず自分で発送し控えは保管する
トラブルを防ぐためにも、返却は誰かに頼むのではなく自分で行うこともポイントです。
「ホテルに発送を依頼したら、到着日が遅れてしまった」などのトラブルも考えられるため、自分で手続きを行い発送時の控えはしっかりと保管しておきましょう。

4.クリーニングはショップの指示に従って
クリーニングに出してから返却する必要があるのかどうかも、レンタルドレスショップにより扱いが異なります。
クリーニングには手間と費用がかかるため、クリーニング不要のレンタルドレスショップを選ぶのがおすすめです。


ネットのレンタルドレスは、申し込みから返却までがとても簡単で、気軽に利用できることから人気を集めています。

結婚式に参列する際など、大切なシーンでおしゃれを楽しみたい方は、一度レンタルドレスを試してみてはいかがでしょうか。

ドレスコーディネートの参考書

2018年10月発売の、コーディネートの基本を一冊にまとめた本。ドレス定番の5つの色を中心に、ドレスと羽織、バッグ等の組み合わせを豊富な写真で分かりやすく解説。

また年齢ごとのおすすめコーデも紹介。ネットの情報を見ただけではよくわからない方には、本がおすすめ。初心者の方にぜひ読んでほしい、コーディネート本です。税抜き500円。

【Amazon.co.jp 限定】結婚式に呼ばれたら何を着て行く?ドレスコーディネートBOOK ()

【Amazon.co.jp 限定】結婚式に呼ばれたら何を着て行く?ドレスコーディネートBOOK ()
posted with amazlet at 18.10.26
藤原 聖蘭
(株)リダンダンシー (2018-10-22)
売り上げランキング: 306,138